株式投資

全固体電池関連銘柄が大注目!その理由とは?

全固体電池とは?

 リチウムイオン電池の一種です。旧来のリチウムイオン電池は電解液というものがあり、その中に陽極と陰極を浸して、リチウムイオンを流して電流を起こすというものです。

 電流を逆から流す(いわゆる充電)をすることで何度も使えます。これを二次電池といいます。

 ただ問題があり、この電解液が液体ということです。

 電解液は有機化合物なので、もし電池に高い負荷がかかり温度が上昇すると燃えてしまったり,沸騰や揮発をするために高温や低温にも弱いという弱点があります。

 そこで電池各社は電解液を固体にしたものです。液漏れの心配がないので、宇宙でも使えます。

 熱にも強いので冷却設備がいらないので小型化もできますし、急速充電も可能という夢のような電池です。

なぜ注目されたのか?

村田製作所の発表

 まず19日に村田製作所が2019年度内にセラミックス技術を応用した全固体電池の量産するという報道がありました。

 野洲事業所(滋賀県野洲市)の電池関係の生産棟に量産ラインを新設し、当面の生産能力は月10万個を予定しているそうです。

 試作品の容量は他社製品と比べて100倍の10ミリアンぺア時強と業界最高レベルで、17年にソニーから買収したリチウムイオン二次電池事業を含め、注力するエネルギー関連市場への展開を加速するとのことです。

三桜工業はストップ高

 こちらは昨日大きく報道されました。三桜工業が、米スタートアップと次世代電池「全固体電池」を共同開発、年内にも試作品の検証に入っていくと報じました。

 もともと関連銘柄としては位置づけられていましたが、実用化に向けた前進と、今後の展開への期待が増す展開になりました。

関連銘柄一覧

7203 トヨタ自動車

 トヨタ自動車は日本を代表する企業の一つで、トヨタグループの中核企業で、ダイハツと日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主、マツダの第二株主、と自動車グループの中核でもあります。

 トヨタはパナソニックと提携し、全固体電池開発も行っています。

6955 FDK

 FDKは古河グループの電子部品や電池を生産する会社です。

 電池にめっぽう強く、多くの電池の開発と全固体電池の実用化に向けて研究しています。

7004 日立造船

 日立造船は機械・プラントメーカーです。名前に造船がついていますが、造船業からは撤退しました。主な事業は環境とプラント事業です。

 こちらはすでに全固体電池を本格的に量産しています。

5218 オハラ

 オハラは光学ガラスメーカーで世界でも代表的な企業です。

 全固体電池研究ではかなり前から開発していて、オールジャパンの一角を担っています。

6752 パナソニック

 パナソニックもトヨタと並んで世界的大企業で、白物家電、エレクトロニクス事業、住宅もしていますが、特に力を入れているのが車載電池事業でトヨタと共同研究しています。

まとめ

 全固体電池の実用化まであと一歩手前まできました。液漏れの心配もないので、安全だし、クリーンで夢のような電池ですね。

 オールジャパンでの電池開発に注力しましょう。