株式用語

株式とは?メリットデメリットも解説!

株式とは

  株式とは、企業が個人や他の企業から資金を調達するために発行するものです。企業は株式を発行し資金を集めることで、会社を大きくし、成長させることができます。 株式に投資すると株主になります。

 株式が証券取引所に上場していれば、購入することが可能です。 約3,700社が上場・公開しています。

 株式は取引所で売買されており、投資家の注文は、仲介者である証券会社を通じ市場へ発注され、市場で売買が成立します。

株式のメリット

キャピタルゲイン( 譲渡益・資本利得 )

 キャピタルゲインとは、 保有していた資産の値段が変動することによって得られる収益のこと 。例えば、株式を50万円もっていて、株価が上がり、70万円になったとして売却した際に得た20万円のことです。

 株式投資はキャピタルゲインが基本です。損したときはキャピタルロスといいます。

インカムゲイン

 インカムゲインとは、資産を保有中に得られる収益のことです。キャピタルゲインとは投資の仕方が異なります。主に配当、株式分割、株主優待があたります。

配当

 配当もしくは配当金とは、企業が株主に利益を分配することをいい、株主が保有する株数に比例して分配されます。一株あたり何円と決算時に決まります。

 配当が増えることを増配、配当が減ることを減配、配当がなくなることを無配といいます。

株式分割

 株式分割とは、一株を何分割して発行済み株式総数を増やすことです。株式分割を行うことで、投資家の株数は増えますが、その割合に応じて株価は下がります。

 株式分割を行うのは、あまりにも株価が高いので下げるために行うか、発行済み株式総数を増やして売買を円滑にする目的があります。

株主優待

  株主優待とは株式を長期的に保有している株主に、感謝の気持ちを込めて、配当金とは別に商品やサービスなどを提供するものです。

 金券や自社サイトのサービス、米などの商品などさまざまですが、すべての企業がしているわけではありません。

 この株主優待は実は日本だけの取り組みで、海外では配当金を上乗せします。

株式のデメリット

他国の情勢を受ける

 日本市場は午前九時から開きますが、その前に中国市場(香港、上海)が開き、夜中ではアメリカ市場が動きます。

 もしアメリカ市場や中国市場の全体の株の動きが悪いと、日本の株も下がります。

戦争や暴落など予期しないことが起こることがある

 もし、イランや北朝鮮などで有事が起きた際に、真っ先に影響を受けるのが株と為替です。

 為替の影響はかなり早く、円高円安で株価も乱高下することがあります。

 またリーマンショックや世界同時株安のような大暴落をまともに受けると、どんなに業績がよくて最高益を出している企業も暴落します。それほど連鎖が続くことがあります。